仕事

いま日本で一番売れている車といえばトヨタのアクアですが、独壇場というわけではなく月ごとにプリウスになったり、ホンダのフィットになったりと非常の拮抗した戦いとなっています。

しかし、これだけは言えます、売れる車がすべてハイブリッドカーという事が・・・。

日本では相変わらずの低燃費ブームで一番効率が良いハイブリッドカーが売れるのもわかりますが、自動車メーカー側はそろそろハイブリッドというものが販売の要になるとは考えていないようです。

少し前まではハイブリッドカーというと何やら特別な車で売られているハイブリッドカーもわずかな車種だけだったのですが、各社独自のハイブリッドカーを開発しどんどん販売している状態になってきているので、買う側もそれほど特別な車とは思っていないのです。

そこで次なる販売のために武器を作らなければならいのですが、最近の新車状況を見るとこの武器が何かわかるようになりました。

その武器が安全装備、それまでも安全ボディやエアバッグ、アンチロックブレーキシステムなどいろいろな安全装備が使われていましたが、ここ最近の安全装備は事故を未然に防ぐアクティブセイフティ面に重きが置かれています。

スバルが開発したカメラで障害物を検知しぶつかる前に自動的にブレーキをかけるEyeSightが代表的なものでしょう。

その他にも車線逸脱を防ぐものや飛び出しを防ぐもの、死角に車がいることを知らせてくれるものなど先進的な技術を使った安全装備がたくさんつけられるようになったのです。

ここまで至れり尽くせりの状態ではドライバーの技術の上達の弊害になるのではないかと心配してしまうのですが、現在の主流となっている以上仕方がないでしょう。

さて、安全装備の次はどんなものが販売戦略に組み込まれてくるか楽しみです。

ハリアー 値引き

仕事

プリウスの登場で一躍有名になったハイブリッドシステム、ハイブリッドシステムの「ハイブリッド」とは簡単に言ってしまえば「かけあわせ」ということになります。
2つのものを一つにするといった方がわかりやすいかと思いますが乗り物の場合は2つの動力源をつかって走るということになります。
自動車では本来の動力源となるエンジンと電気モーターをということになり、エンジンと電気モーターのパワーを切り替えながら、または同時に使うことによって走るシステムということになります。
ハイブリッドシステムといってもどれも同じではなく、エンジンと電気モーターのパワーの使い方によって全く違う性格を持つことになり、その制御方法や制御システムなどは自動車メーカーごと、車種ごとによって違うことがあります。

よくあるのが電気モーターでの走行をメインとして、よりパワーが必要な時とか高速走行を続くときとか、ハイブリッド用バッテリーの容量少ない時などにエンジンをかけてそのパワーを使ったり、発電機として使うというものです。
これにはトヨタのTHSシリーズやホンダのスポーツハイブリッドシリーズ、日産のフーガやスカイライン、エクストレイルに搭載されているものが該当します。

それとは逆にエンジンでの走行をメインとして大きなパワーを必要とするときだけ電気モーターのパワーを使うといったハイブリッドシステムもあります。
これは日産のS-HYBRID、スズキのS-エネチャージ、ホンダのIMAなどがそうです。
この制御方法に違いによって大きく異なるのが燃費性能、やはり電気モーターをメインとしたシステムの方がエンジンが止まっている時間が長いのでその分燃料消費が少なくて済むため、燃費性能もよくなるというわけです。

仕事

スポーツモデルが日本での売れなくなってからどれくらい月日が経つでしょう。

しかし、実際にはスポーツモデルは売れています。

売れているけどそれが他のミニバンやハイブリッドカーほどの売り上げとなっていないことから目立たないだけなのです。

それを安易に受け止めた自動車メーカーはどんどんスポーツモデルを生産終了に追い込んだり、規模を縮小して売るようになってしまい、それが結果的に売り上げにつながらなくなってしまったということなのです。

後から急いで他社をそそのかしてFRスポーツなどを作っても遅いのです。

こういった中でもずっと売り続けられているスポーツモデルがあります。

それが4WDスポーツといわれるもの、三菱のランサーエボリューションXやスバルのWRX STIがそれで、スポーツモデルが入れないといわれて中でも堂々とカタログモデルとして販売し続けているのです。

この両車の人気が高いのは、ターボエンジンを搭載しているということ、日産にもフェアレディZというスポーツモデルが作られているのですが、この車はNAエンジンを搭載しているので、チューニングがなかなか簡単にはできないのです。

しかし、ターボエンジンはブーストコントローラーとECUだけでかなりのパワーアップができるのでチューニングベース車両としてちょうどいいのです。

スポーツモデルといったらチューニングが付きものです。

これができない車は人気が低くなるのは当たり前です。

更にこれらの車は代々受け継がれているファンが多いので、スポーツモデルが売れないなどという状況の中でもそれなりに売れているのです。

中古車でもそういった需要が非常に高く、状態のいいものはすぐに売れてしまうほどの人気です。

ということは買取店での買取金額もいいということで、かなりリセールバリューが高いものと思っていいでしょう。

車売るなら

ドイツのスポーツカーメーカー、ポルシェといえば誰もが911シリーズを思い出すでしょう。
ポルシェが日本で一躍有名になった1970年代中盤のころにはポルシェ911や911カレラ、930ターボなどがあったのですが、その中でもモータースポーツ向けに作られた911カレラは当時のスポーツカー好きの人間を虜にしていました。
当時はスーパーカーブームで911カレラというと必ず決まって出てくるのが、イタリアの酒造メーカーであるマルティーニのマークを付けたレーシングマシンでした。
マルティーニは日本人にあまり知られることがない企業だったため、911カレラの定番カラーリングとしてみていたのですが、これは911カレラでレースをするレーシングチームのスポンサーカラーなのです。
ランチア・ストラトスのアリタリアカラー、シトロエンのレッドブルカラーが定番であるのと同じように当時は911カレラというとマルティーニカラーが定番だったのです。
そして現在、そのマルティーニカラーをまとった911カレラが登場したのです。
ベースとなるのが現行型911カレラSで、昔のモデルを彷彿とさせるマルティーニカラーがより一層911カレラSを戦闘的に見せてくれます。
もともと911シリーズはキープコンセプトの進化を遂げてきたので、マルティーニカラーが非常に似合います。
当時、子供でマルティーニカラーの911カレラにあこがれていた方が大人になってマルティーニカラーをまとった新しい911カレラを手にすることができるのです。

仕事

日産は経営破綻をルノーに助けられて今に至るわけですが、最近まではルノーが送り込んだカルロス・ゴーンの管理によって完全なルノー体制がとられていました。
それによって歴史的に日産にとって重要な車まで車種整理されたり、とんでもない車を発売したりして日産はめちゃくちゃになってしまいました。
しかし、最近はカルロス・ゴーンが第一線を退き、現場を旧日産に明け渡したことから少しずつ日産らしいものとなってきました。
その1つの例として作られたのがスカイラインシリーズから引き離されて全く違く方向性を持たされたGT-Rです。
GT-Rが作られたきっかけはもちろんカルロス・ゴーンの指示によるものなのですが、その車を使って毎年毎年、年次改良を加え国産車最強の量産車を作り続けているのは旧日産の考え方です。
逆にいえば、それができる様な余裕が日産に生まれてきたということにもなりますが、ひとたびルノーという囲いが外された今それが加速するのも無理はないでしょう。
公道を走るのに600psのエンジンパワーが必要かどうかという点では少し問題はありますが、そういう車が日本に1車種ぐらいあってもいいと思います。

あれこれ

2013年の販売実績でもトヨタは世界一の自動車メーカーとなりましたが、トヨタの自動車に対する考え方や取り組み方は自動車メーカーらしからぬものをたくさん持っています。
それなのになぜ世界一になりえたのか、それはハイブリッドカーの好調というものもありますが、「無いもの」を「あるもの」のように販売することができる巧みな販売戦略が生み出したことが一番だと思われます。
最近では、久々のスポーツモデルである86と中型ミニバンのヴォクシーがいい例だと思います。
86は2リッターエンジンを搭載するFRスポーツなのですが、これを販売するのに使った販売戦略は過去に若者に大人気となっていたAE86の再来とうたったものです。
AE86を知る人間からすれば軽いボディに、直列4気筒エンジンが生み出す軽快な走り、振り回して楽しむ車というイメージが出てくるのですが、実際に発売された車はスバルとの共同開発によってつくられたフラット4エンジンを搭載する普通のFRスポーツだったのです。
更にはコストのかかる開発・生産面をすべてスバルに押し付けて販売だけするような形をとって、低コストで高い利益を生み出そうとしたのです。
一方、ヴォクシーはファミリーカー中でも一番ファミリカーらしい中型ミニバンでありながら、そういった部分は兄弟車のノアに任せて、ファミリーカーでありながら男らしさをうたい文句として販売し、立場の弱いお父さんの心をくすぐって販売台数を伸ばすという作戦に出たのです。
これらのイメージ作りはボディのデザインもさることながら、広告やテレビCMなどで盛んにそのイメージを作っていくのです。
いわゆるイメージ戦略というものなのですが、残念ながらそのイメージに車自体が全くついていっていないというのが自動車メーカーとしてはあるまじき行為だと思われます。
これが世界一になったトヨタの現状です。

仕事

事故を起こして車はグチャグチャ、乗っていた人間がよく生きていられたなぁ・・・なんていう事故を見かけることがありますが、命が助かっても車は完全にスクラップ状態となってしまっています。
「全損」というものですが、この全損という状態になると車両保険に加入していれば、満額というわけにはいきませんが、その車の代わりとなる「同車種、同年式、同程度」の中古車を手に入れる分の保険金が支払われます。
しかしこれが支払われるにはたくさんの厳しい条件があり、1つでも例外ものがあると補償が限られることになります。
保険会社にとって、部分的な破損と全損は全く違うものとなり、当然ながら全損のほうが保険会社側から出ていくお金が多くなり損害も大きくなるので、保険会社はどうにかして全損を認めない方向にもっていこうとするようです。
自動車保険においての全損というのは、車を直すことができないほどひどく壊れている状態か、修理費用がその車の現在の価値(中古車価格など)より高くなる場合のことを言います。
いうなれば、修理できないほどぐちゃぐちゃか、車の価値より修理費用が高くなる状態という事なのですが、さすが修理できないほど壊れているものを安く修理するという事まではできませんが、修理費用を抑えてその車の価値より低いものにするという事は出来ないことはありません。
こういう抜け穴的なものがたくさんあるのが自動車保険の特徴で、知らない人間はまんまとハメられてしまうことがあるのです。
どうやら車に乗る以上、自動車保険のこともよく知っていないと大損することになりそうです。

仕事

バイク保険の中で一番人気があるのは、アクサダイレクトの「リスク細分型バイク保険」です。
リスク細分型というのは、乗る目的などによって保険料の区分を細かく設けることを言います。
まず、自動車と同じように1級から20級までのノンフリート階級制度があります。
バイク保険でもノンフリート階級がある会社はほかにもありますが、アクサダイレクトでは他社と契約していた時の階級を引き継ぐことができます。
だから、保険を乗り換えても損をせずに済みます。
バイクの使用目的では、3つに区分されています。
一番保険料が安くなるのは、「日常レジャー」用です。
休日にツーリングに行く程度の使用頻度だと、事故などのトラブルが起きる確率は低いので、保険料が割安になります。あとの二つは、「業務用」と「通勤通学用」です。
どちらも月15日以上乗る人が対象になっています。
走行距離や排気量でも割引の大きさが変わります。
走行距離も使用目的と同じ3区分です。
保険料が安い順に、年間最予想大走行距離「5000㎞未満」、「5000㎞以上10000㎞未満」、「10000㎞以上」です。
使用目的が「日常レジャー」なら自然に走行距離も短くなると思うので、大幅な割引になります。
排気量というのは、バイク自体の排気量のことです。
「125cc以下」と「125cc超」の2つに区分されています。
このように、趣味程度のバイクで保険料を抑えたいという人に向いている保険だと思います。

あれこれ

夏になると山登りをする方が増えてきます。標高の高いところできれいな空気と涼しい風を浴びるのには持ってこいのレジャーですが、低い山でも遭難の危険があり、それなりの準備が必要になります。山に登るにはその山の麓まで行く必要があり、その時に普段使っている車を利用するわけになりますが、山登りには人間だけでなく車についてもそれなりの用意が必要になります。

準備といっても大げさなものではありませんが、特に大人数を乗せたミニバンで山に行くときはブレーキ周りに気を配りましょう。
ヤマに行くとなると必ず走るのが峠道、アップダウンが激しく、タイトなコーナーが続くわけですが、その時に酷使されるのがブレーキ。その酷使に耐えられるだけのブレーキシステムを持っていなければなりません。とはいってもそんな大げさなものではなく、せめてブレーキパッドは対フェード性の高いものに変えておきたいものです。
余裕があればブレーキオイルも番手をあげてあげればなお良しです。フェードして山道に突っ込んでしまう前に準備してあげたいものです。

あれこれ

車を購入してカーナビをつけるときに非常に悩むのが、メーカーオプションやディーラーオプションなどで用意されるカーナビか、後から付けるカーナビかです。

軽自動車やコンパクトカーなどそれほど電子制御されているものが少ないものであれば、迷わず社外品という事になるのですが、あちこちに電子制御部品がちりばめられていて、更にその電子制御の設定をカーナビ画面を使って行うタイプの車となるとそう簡単には決められません。

ただどうでしょう、純正のカーナビ画面を使って設定する項目ってそんなにチョクチョク変えるものでしょうか?

意外と購入して一度しか変更しないようなものが多いのではないでしょうか。

それだったらいっそのこと、自分の好きなメーカーから選んだ純正カーナビより機能的な社外品のカーナビをつけてもいいのではないでしょうか?

社外品を付けたからといっても、ディーラーで専用端末をつなげれば、5分とかからないでいろいろな設定を変更できますので、カーナビ画面で設定を変えることができるという事にそれほど執着する必要はないように思えます。

改造車 買取