仕事

プリウスの登場で一躍有名になったハイブリッドシステム、ハイブリッドシステムの「ハイブリッド」とは簡単に言ってしまえば「かけあわせ」ということになります。
2つのものを一つにするといった方がわかりやすいかと思いますが乗り物の場合は2つの動力源をつかって走るということになります。
自動車では本来の動力源となるエンジンと電気モーターをということになり、エンジンと電気モーターのパワーを切り替えながら、または同時に使うことによって走るシステムということになります。
ハイブリッドシステムといってもどれも同じではなく、エンジンと電気モーターのパワーの使い方によって全く違う性格を持つことになり、その制御方法や制御システムなどは自動車メーカーごと、車種ごとによって違うことがあります。 Continue Reading

仕事

スポーツモデルが日本での売れなくなってからどれくらい月日が経つでしょう。
しかし、実際にはスポーツモデルは売れています。
売れているけどそれが他のミニバンやハイブリッドカーほどの売り上げとなっていないことから目立たないだけなのです。
それを安易に受け止めた自動車メーカーはどんどんスポーツモデルを生産終了に追い込んだり、規模を縮小して売るようになってしまい、それが結果的に売り上げにつながらなくなってしまったということなのです。
後から急いで他社をそそのかしてFRスポーツなどを作っても遅いのです。
こういった中でもずっと売り続けられているスポーツモデルがあります。

Continue Reading

仕事

新車を購入するためにたびたびディーラーに足を運ぶことになると思いますが、その時に必ず目にするのが、自動車メーカーとは別の名前がついたパーツのカタログです。
日産であればNISMO、トヨタであればTRD、三菱であればRALLIARTやコルトスポーツなどこういった本来の自動車メーカーとは関係のないようなメーカーのパーツがディーラーで売られているのです。
ディーラーといえば違法改造車や違法パーツなどを売ることは絶対内のところなのですが、いかにもチューニングパーツのようなものが堂々と売られているのは初めて見る方にとっては不思議だと思います。
実はこれらのメーカーは直接その自動車メーカーと関係にある企業で、子会社であったり、一部門であったりするので、ある意味自動車メーカーと同じとみていいのです。
そこから販売されるパーツなどはもちろん法律的に何ら問題の無いもので、ディーラーで取り付けも可能です。
要するに純正パーツと同じ扱いをされているわけですから、そのパーツを付けていても当然車検には全く問題はありません。
通常のオプションパーツと違うところはある一定の性能に特化しているということです。
いわゆる純正スポーツパーツというものは純正パーツと同じ扱いですからパワーアップにつながるものはたとえマフラーでもありません。
しかし、フィーリングのアップとかコーナーリング性能、ブレーキ性能などを向上させるためにパーツが用意されているのです。

Continue Reading

ドイツのスポーツカーメーカー、ポルシェといえば誰もが911シリーズを思い出すでしょう。
ポルシェが日本で一躍有名になった1970年代中盤のころにはポルシェ911や911カレラ、930ターボなどがあったのですが、その中でもモータースポーツ向けに作られた911カレラは当時のスポーツカー好きの人間を虜にしていました。

Continue Reading

仕事

日産は経営破綻をルノーに助けられて今に至るわけですが、最近まではルノーが送り込んだカルロス・ゴーンの管理によって完全なルノー体制がとられていました。
それによって歴史的に日産にとって重要な車まで車種整理されたり、とんでもない車を発売したりして日産はめちゃくちゃになってしまいました。
しかし、最近はカルロス・ゴーンが第一線を退き、現場を旧日産に明け渡したことから少しずつ日産らしいものとなってきました。

Continue Reading

仕事

自動車は簡単に言ってしまえば、移動手段となる乗り物です。
しかし、実際には実用品であったり、仕事の道具であったり、趣味の対象であったりと幅広い用途を持っています。
このことは車の価値を決めるのに大きく影響するもので、特に中古車というジャンルでは、新車にはない価値観というものがあります。
一般的に車というものは、古くて、総走行距離が進んでいるもののほうが価値は下がります。
それは経年変化や使うことによる劣化が進むからで、工業製品である車にとっては致し方ないものです。
しかしこれが家電製品であればそれだけなのですが、自動車の世界では意外な付加価値が付いているためにそれだけでは価値を決めることはできないのです。

Continue Reading

数ある日本の自動車メーカーの中で、独自の路線をひた走っているのがホンダです。
ホンダといえばF1というイメージが強いのですが、シビックのCVCC技術などで古くから小型車による低燃費、低排出ガスを考えた車作りをしてきたメーカーです。
もちろんF1の血統をうけつぐNAエンジンのスポーツモデルも過去にはたくさん販売し、最近では独自のハイブリッド技術を搭載したエコカー作りなども行っています。
ホンダは、トヨタの次にハイブリッドカーを販売した自動車メーカーで意外とハイブリッドカーとしての歴史があるのですが、当初採用していたIMAというハイブリッドシステムはトヨタのハイブリッドシステムとは性格が正反対で、燃費もさることながら走行性能面も犠牲にしないように作られていました。
そのためトヨタのTHSと比べると燃費性能の数値としてはあまり良くなく、ハイブリッドカーとしての人気はいまいちでした。

Continue Reading

看護師になるための道の一つとして、一部の高校には衛生看護科というものがあります。商業高校と同じように、高専として扱われる学校です。
卒業と同時に准看護師の受験をすることができます。看護の勉強はもちろんですが、普通の高校で教わるような内容もしっかりカリキュラムに含まれています。
ですから、在学中は勉強しなければならないことが多くて大変です。授業の進度も早いので、日々忙しいと言われています。

Continue Reading

あれこれ

2013年の販売実績でもトヨタは世界一の自動車メーカーとなりましたが、トヨタの自動車に対する考え方や取り組み方は自動車メーカーらしからぬものをたくさん持っています。
それなのになぜ世界一になりえたのか、それはハイブリッドカーの好調というものもありますが、「無いもの」を「あるもの」のように販売することができる巧みな販売戦略が生み出したことが一番だと思われます。
最近では、久々のスポーツモデルである86と中型ミニバンのヴォクシーがいい例だと思います。
86は2リッターエンジンを搭載するFRスポーツなのですが、これを販売するのに使った販売戦略は過去に若者に大人気となっていたAE86の再来とうたったものです。
AE86を知る人間からすれば軽いボディに、直列4気筒エンジンが生み出す軽快な走り、振り回して楽しむ車というイメージが出てくるのですが、実際に発売された車はスバルとの共同開発によってつくられたフラット4エンジンを搭載する普通のFRスポーツだったのです。
更にはコストのかかる開発・生産面をすべてスバルに押し付けて販売だけするような形をとって、低コストで高い利益を生み出そうとしたのです。

Continue Reading

仕事

事故を起こして車はグチャグチャ、乗っていた人間がよく生きていられたなぁ・・・なんていう事故を見かけることがありますが、命が助かっても車は完全にスクラップ状態となってしまっています。
「全損」というものですが、この全損という状態になると車両保険に加入していれば、満額というわけにはいきませんが、その車の代わりとなる「同車種、同年式、同程度」の中古車を手に入れる分の保険金が支払われます。
しかしこれが支払われるにはたくさんの厳しい条件があり、1つでも例外ものがあると補償が限られることになります。

Continue Reading