仕事

全損扱いはかなり難しい

事故を起こして車はグチャグチャ、乗っていた人間がよく生きていられたなぁ・・・なんていう事故を見かけることがありますが、命が助かっても車は完全にスクラップ状態となってしまっています。
「全損」というものですが、この全損という状態になると車両保険に加入していれば、満額というわけにはいきませんが、その車の代わりとなる「同車種、同年式、同程度」の中古車を手に入れる分の保険金が支払われます。
しかしこれが支払われるにはたくさんの厳しい条件があり、1つでも例外ものがあると補償が限られることになります。

保険会社にとって、部分的な破損と全損は全く違うものとなり、当然ながら全損のほうが保険会社側から出ていくお金が多くなり損害も大きくなるので、保険会社はどうにかして全損を認めない方向にもっていこうとするようです。
自動車保険においての全損というのは、車を直すことができないほどひどく壊れている状態か、修理費用がその車の現在の価値(中古車価格など)より高くなる場合のことを言います。
いうなれば、修理できないほどぐちゃぐちゃか、車の価値より修理費用が高くなる状態という事なのですが、さすが修理できないほど壊れているものを安く修理するという事まではできませんが、修理費用を抑えてその車の価値より低いものにするという事は出来ないことはありません。
こういう抜け穴的なものがたくさんあるのが自動車保険の特徴で、知らない人間はまんまとハメられてしまうことがあるのです。
どうやら車に乗る以上、自動車保険のこともよく知っていないと大損することになりそうです。