軽自動車部門に力を入れているホンダ

数ある日本の自動車メーカーの中で、独自の路線をひた走っているのがホンダです。
ホンダといえばF1というイメージが強いのですが、シビックのCVCC技術などで古くから小型車による低燃費、低排出ガスを考えた車作りをしてきたメーカーです。
もちろんF1の血統をうけつぐNAエンジンのスポーツモデルも過去にはたくさん販売し、最近では独自のハイブリッド技術を搭載したエコカー作りなども行っています。
ホンダは、トヨタの次にハイブリッドカーを販売した自動車メーカーで意外とハイブリッドカーとしての歴史があるのですが、当初採用していたIMAというハイブリッドシステムはトヨタのハイブリッドシステムとは性格が正反対で、燃費もさることながら走行性能面も犠牲にしないように作られていました。
そのためトヨタのTHSと比べると燃費性能の数値としてはあまり良くなく、ハイブリッドカーとしての人気はいまいちでした。

現在、次々と採用されている新しいハイブリッドシステムは燃費もトヨタのものと同等でありながら走行性能も優れたものを持っているので大人気となっており、プリウスやアクアを脅かすのではないかといわれています。
ホンダはさらにここ最近ではありますが軽自動車部門に力を入れています。
日本で一番売れている車である軽自動車を充実されることによって一気に利益を上げようという事なのですが、少し前まではライフやバモスなどの古いタイプの軽自動車しかなく、売り上げもあまり良くありませんでした。
しかし近年ホンダの新しい軽自動車の形としてNコンセプトなるものを立ち上げ、新開発の共通プラットフォームでいろいろなタイプの軽自動車を発売するようになったのです。
これによってホンダの軽自動車は爆発的に売れ、今では老舗のスズキやダイハツを食うほどの人気となっています。

車買取相場