仕事

新車を購入するためにたびたびディーラーに足を運ぶことになると思いますが、その時に必ず目にするのが、自動車メーカーとは別の名前がついたパーツのカタログです。
日産であればNISMO、トヨタであればTRD、三菱であればRALLIARTやコルトスポーツなどこういった本来の自動車メーカーとは関係のないようなメーカーのパーツがディーラーで売られているのです。
ディーラーといえば違法改造車や違法パーツなどを売ることは絶対内のところなのですが、いかにもチューニングパーツのようなものが堂々と売られているのは初めて見る方にとっては不思議だと思います。
実はこれらのメーカーは直接その自動車メーカーと関係にある企業で、子会社であったり、一部門であったりするので、ある意味自動車メーカーと同じとみていいのです。
そこから販売されるパーツなどはもちろん法律的に何ら問題の無いもので、ディーラーで取り付けも可能です。
要するに純正パーツと同じ扱いをされているわけですから、そのパーツを付けていても当然車検には全く問題はありません。
通常のオプションパーツと違うところはある一定の性能に特化しているということです。
いわゆる純正スポーツパーツというものは純正パーツと同じ扱いですからパワーアップにつながるものはたとえマフラーでもありません。
しかし、フィーリングのアップとかコーナーリング性能、ブレーキ性能などを向上させるためにパーツが用意されているのです。

Continue Reading