仕事

まだまだ人気がある4WDスポーツ

スポーツモデルが日本での売れなくなってからどれくらい月日が経つでしょう。
しかし、実際にはスポーツモデルは売れています。
売れているけどそれが他のミニバンやハイブリッドカーほどの売り上げとなっていないことから目立たないだけなのです。
それを安易に受け止めた自動車メーカーはどんどんスポーツモデルを生産終了に追い込んだり、規模を縮小して売るようになってしまい、それが結果的に売り上げにつながらなくなってしまったということなのです。
後から急いで他社をそそのかしてFRスポーツなどを作っても遅いのです。
こういった中でもずっと売り続けられているスポーツモデルがあります。

それが4WDスポーツといわれるもの、三菱のランサーエボリューションXやスバルのWRX STIがそれで、スポーツモデルが入れないといわれて中でも堂々とカタログモデルとして販売し続けているのです。
この両車の人気が高いのは、ターボエンジンを搭載しているということ、日産にもフェアレディZというスポーツモデルが作られているのですが、この車はNAエンジンを搭載しているので、チューニングがなかなか簡単にはできないのです。
しかし、ターボエンジンはブーストコントローラーとECUだけでかなりのパワーアップができるのでチューニングベース車両としてちょうどいいのです。
スポーツモデルといったらチューニングが付きものです。
これができない車は人気が低くなるのは当たり前です。
更にこれらの車は代々受け継がれているファンが多いので、スポーツモデルが売れないなどという状況の中でもそれなりに売れているのです。
中古車でもそういった需要が非常に高く、状態のいいものはすぐに売れてしまうほどの人気です。
ということは買取店での買取金額もいいということで、かなりリセールバリューが高いものと思っていいでしょう。

車売るなら