仕事

ハイブリッドシステムの基本的構造

プリウスの登場で一躍有名になったハイブリッドシステム、ハイブリッドシステムの「ハイブリッド」とは簡単に言ってしまえば「かけあわせ」ということになります。
2つのものを一つにするといった方がわかりやすいかと思いますが乗り物の場合は2つの動力源をつかって走るということになります。
自動車では本来の動力源となるエンジンと電気モーターをということになり、エンジンと電気モーターのパワーを切り替えながら、または同時に使うことによって走るシステムということになります。
ハイブリッドシステムといってもどれも同じではなく、エンジンと電気モーターのパワーの使い方によって全く違う性格を持つことになり、その制御方法や制御システムなどは自動車メーカーごと、車種ごとによって違うことがあります。

よくあるのが電気モーターでの走行をメインとして、よりパワーが必要な時とか高速走行を続くときとか、ハイブリッド用バッテリーの容量少ない時などにエンジンをかけてそのパワーを使ったり、発電機として使うというものです。
これにはトヨタのTHSシリーズやホンダのスポーツハイブリッドシリーズ、日産のフーガやスカイライン、エクストレイルに搭載されているものが該当します。

それとは逆にエンジンでの走行をメインとして大きなパワーを必要とするときだけ電気モーターのパワーを使うといったハイブリッドシステムもあります。
これは日産のS-HYBRID、スズキのS-エネチャージ、ホンダのIMAなどがそうです。
この制御方法に違いによって大きく異なるのが燃費性能、やはり電気モーターをメインとしたシステムの方がエンジンが止まっている時間が長いのでその分燃料消費が少なくて済むため、燃費性能もよくなるというわけです。

ノア値引き