あれこれ

2013年の販売実績でもトヨタは世界一の自動車メーカーとなりましたが、トヨタの自動車に対する考え方や取り組み方は自動車メーカーらしからぬものをたくさん持っています。
それなのになぜ世界一になりえたのか、それはハイブリッドカーの好調というものもありますが、「無いもの」を「あるもの」のように販売することができる巧みな販売戦略が生み出したことが一番だと思われます。
最近では、久々のスポーツモデルである86と中型ミニバンのヴォクシーがいい例だと思います。
86は2リッターエンジンを搭載するFRスポーツなのですが、これを販売するのに使った販売戦略は過去に若者に大人気となっていたAE86の再来とうたったものです。
AE86を知る人間からすれば軽いボディに、直列4気筒エンジンが生み出す軽快な走り、振り回して楽しむ車というイメージが出てくるのですが、実際に発売された車はスバルとの共同開発によってつくられたフラット4エンジンを搭載する普通のFRスポーツだったのです。
更にはコストのかかる開発・生産面をすべてスバルに押し付けて販売だけするような形をとって、低コストで高い利益を生み出そうとしたのです。
一方、ヴォクシーはファミリーカー中でも一番ファミリカーらしい中型ミニバンでありながら、そういった部分は兄弟車のノアに任せて、ファミリーカーでありながら男らしさをうたい文句として販売し、立場の弱いお父さんの心をくすぐって販売台数を伸ばすという作戦に出たのです。
これらのイメージ作りはボディのデザインもさることながら、広告やテレビCMなどで盛んにそのイメージを作っていくのです。
いわゆるイメージ戦略というものなのですが、残念ながらそのイメージに車自体が全くついていっていないというのが自動車メーカーとしてはあるまじき行為だと思われます。
これが世界一になったトヨタの現状です。

あれこれ

夏になると山登りをする方が増えてきます。標高の高いところできれいな空気と涼しい風を浴びるのには持ってこいのレジャーですが、低い山でも遭難の危険があり、それなりの準備が必要になります。山に登るにはその山の麓まで行く必要があり、その時に普段使っている車を利用するわけになりますが、山登りには人間だけでなく車についてもそれなりの用意が必要になります。

準備といっても大げさなものではありませんが、特に大人数を乗せたミニバンで山に行くときはブレーキ周りに気を配りましょう。
ヤマに行くとなると必ず走るのが峠道、アップダウンが激しく、タイトなコーナーが続くわけですが、その時に酷使されるのがブレーキ。その酷使に耐えられるだけのブレーキシステムを持っていなければなりません。とはいってもそんな大げさなものではなく、せめてブレーキパッドは対フェード性の高いものに変えておきたいものです。
余裕があればブレーキオイルも番手をあげてあげればなお良しです。フェードして山道に突っ込んでしまう前に準備してあげたいものです。

あれこれ

車を購入してカーナビをつけるときに非常に悩むのが、メーカーオプションやディーラーオプションなどで用意されるカーナビか、後から付けるカーナビかです。

軽自動車やコンパクトカーなどそれほど電子制御されているものが少ないものであれば、迷わず社外品という事になるのですが、あちこちに電子制御部品がちりばめられていて、更にその電子制御の設定をカーナビ画面を使って行うタイプの車となるとそう簡単には決められません。

ただどうでしょう、純正のカーナビ画面を使って設定する項目ってそんなにチョクチョク変えるものでしょうか?

意外と購入して一度しか変更しないようなものが多いのではないでしょうか。

それだったらいっそのこと、自分の好きなメーカーから選んだ純正カーナビより機能的な社外品のカーナビをつけてもいいのではないでしょうか?

社外品を付けたからといっても、ディーラーで専用端末をつなげれば、5分とかからないでいろいろな設定を変更できますので、カーナビ画面で設定を変えることができるという事にそれほど執着する必要はないように思えます。

改造車 買取

あれこれ

これから春になると毎年黄砂が飛んでくる時期に突入する。一般的には3月~6月と言われているが、この時期は車が一段と汚れる。
窓ガラスも汚れでくもるし、ボディーも汚くなり洗車の回数も増える。
黄砂の汚れは雨上がりなどの汚れとはちょっと違う。春はできるだけ外出を避けたほうが良い、という医師もいるくらいだ。外出するとしても、徒歩や自転車は避け、車での移動をすすめられる。理由は単純で、徒歩や自転車に比べると、車の方が黄砂を吸い込まずに済むからだ。
以前、桜島に行った時は火山灰がひどく、車を走らせていても前が全く見えなかった経験がある。日中で天気も良いはずなのに、暗くみんなライトを点灯して走行していた。車に灰が積もるし大変だった。桜島にもし行く機会があったら、レンタカーでの移動をおすすめする。マイカーで行くと、灰をキレイに洗い流したりする手間もあるし、空調のフィルターも換えなくてはならなくなるかもしれない。それならレンタカーで、汚れた車もそのまま返却できる方が良いからだ。